【2020年1月FP3級】問4:中高齢寡婦加算

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

2020年(令和2年)1月に実施されましたFP3級学科試験の問4の問題(中高齢寡婦加算)と解答・解説です。

問題4:中高齢寡婦加算

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し、子のいない45歳の妻が遺族厚生年金の受給権のみを取得した場合、妻が65歳に達するまでの間、妻に支給される遺族厚生年金に中高齢寡婦加算額が加算される。

【解答・解説】

厚生年金保険の被保険者等である夫が死亡したときは、

  • 「子がいない妻の場合、夫の死亡当時40歳以上65歳未満である。(←本問はココ)
  • 「子がいる妻の場合、40歳時点で遺族厚生年金と遺族基礎年金を受給していたが、子が18歳年度末(一定の障害状態にある子は20歳)に達したことで、遺族基礎年金を受給することができなくなった。」

などの要件を満たせば、

妻が受ける遺族厚生年金には、65歳になるまで、中高齢寡婦加算額が加算されることになります。

解答:〇

≫2020年1月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材