【問54】定期借地権~2018年1月3級FP試験

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

この問題は、2018年1月に実施された3級FP学科試験の【第2問=三答択一式問題:問54】です。

定期借地権(借地借家法)の問題は、今後の3級FP(ファイナンシャルプランナー)試験でも、出題される論点ですので、必ず、押えてください。

【問54】定期借地権

次の文章の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

借地借家法上、定期借地権等のうち、(  )の設定を目的とする契約は、公正証書によって締結しなければならないと規定されている。

  1. 一般定期借地権
  2. 事業用定期借地権
  3. 建物譲渡特約付借地権

【解答・解説】

  • 一般定期借地権の設定を目的とする契約は、公正証書などの書面によって締結しなければなりません。つまり、公正証書に限定されているわけではありません。
  • 事業用定期借地権の設定を目的とする契約は、公正証書によって締結しなければなりません。
  • 建物譲渡特約付借地権の設定を目的とする契約は、必ずしも、書面によって締結する必要はありません。つまり、口頭でも問題ありません。

A.2

2018年1月学科試験目次ページに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材