相続税の総額を計算!【FP過去問ポイント解説】

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

相続税の総額を求めなさい!

この問題は、実技試験では頻出論点ですので、過去問を使って解説していきます。

↓過去問(一部改題)↓

次の資料に基づいて、Aさんの相続税の総額を求めていきます。なお、相続税の課税価格の合計額は5億9,000万円とします。

<資料>

<Aさんの推定相続人>

  • 妻Bさん:専業主婦。
  • 長女Cさん:Aさん夫妻と同居している。
  • 長男Dさん:会社員。妻と子2人でマンション(持家)に住んでいる。

<相続税の速算表(一部抜粋)>

相続税の速算表(過去問解説)

まずは、課税遺産総額を求めていきます。

課税遺産総額は、「課税価格の合計額-基礎控除額」により求めることができます。

基礎控除額は、「3,000万円+600万円×税法上の法定相続人の数※」により求めることができます。

※税法上の法定相続人の数については、テキスト完成版等でご確認ください。

話を進めますが、

法定相続人の数は、3人(B・C・D)となりますので、基礎控除額は、「3,000万円+600万円×3人=4,800万円」となります。

ですので、課税遺産総額は、「5億9,000万円-4,800万円=5億4,200万円」となります。

課税遺産総額を求めた後は、

課税遺産総額を、各法定相続人が民法上の法定相続分に従って取得したものとして、各法定相続人の取得金額を求めていくことになります。

【課税遺産総額×各法定相続人の法定相続分=各法定相続人の取得金額】

法定相続人は、B、C、Dとなります。

そして、相続人が配偶者と子供の場合、法定相続分は、配偶者(B)が2分の1、子供が2分の1となります。

子供が2人(CとD)いますので、子供の法定相続分である2分の1を2人で均等に分け合うことになります。

ですので、CとDの法定相続分は、それぞれ、「2分の1÷2人=4分の1」となります。

各法定相続人の取得金額は?

B:5億4,200万円×2分の1=2億7,100万円

C:5億4,200万円×4分の1=1億3,550万円

D:5億4,200万円×4分の1=1億3,550万円

※細かい話ですが、ここで千円未満切り捨て!

次は、相続税の総額の基となる税額(各法定相続人ごとの税額)を計算します。

ここで、やっと、上記資料の相続税の速算表を使うことになります。

「各法定相続人の取得金額×税率(速算表)=算出税額」

B:2億7,100万円×45%-2,700万円=9,495万円

C:1億3,550万円×40%-1,700万円=3,720万円

D:1億3,550万円×40%-1,700万円=3,720万円

上記で求めた算出税額を合算したものが、相続税の総額!ということになります。

ですので、相続税の総額は、「9,495万円+3,720万円+3,720万円=1億6,935万円」となります。

≫相続・事業承継ポイント解説目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加