生命保険商品テキスト

生命保険商品の種類と内容について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

このページに掲載している2級追加論点とは、2級を目指す方だけが学習してください。ですので、3級を目指す方は、学習する必要はありません。

~注意~

無料版のテキストは、一部の論点及び解説を省略しています。

ですので、教材購入者の皆さんは、必ず、教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版をご利用ください。

定期保険

定期保険については、保険期間は一定で、その保険期間内に死亡したときには、保険金を受け取ることができます。

  • 保険期間満了まで生存していたときには、満期保険金は支払われることなく、契約は消滅することになります。
  • 基本的に「掛け捨て」となります。
  • 保険料が安くなっています。
  • 解約返戻金は一般的に0(ゼロ)です。契約期間が長期の定期保険のときには、解約返戻金が発生する場合もあります。

生存給付金付定期保険

生存給付金付定期保険とは、契約時に定めた保険期間中に死亡または高度障害のときに、死亡保険金や高度障害保険金を受け取ることができ、それに加え、生存しているときには、一定期間が経過するごとに生存給付金を受け取ることができる定期保険のことです。

生存給付金付定期保険の被保険者が死亡した場合、以前に生存給付金を受け取っていたとしても、定額の死亡保険金を受け取ることができます

終身保険

終身保険については、定期保険と異なり、保険期間が一定ではなく、一生涯、死亡保障が続き、死亡した場合に、死亡保険金を受け取ることができます。

  • 満期保険金は、ありません。
  • 掛け捨てではなく、解約返戻金があります。
  • 定期保険より保険料が高いです。
  • 終身保険の保険料の払込方法には、有期払込(保険料の払込が、一定年齢または一定期間で終了します。)、終身払込(保険料の払込が、一生涯に渡ります。)、一時払い(保険料は、契約時に全て支払います。)があります。
    ※保障内容等各種条件が同様の場合、有期払込と終身払込を比較すると、保険料は、有期払込の方が高くなります。なぜなら、有期払込は、一定年齢または一定期間で保険料の払込が終了するのにもかかわらず、一生涯、死亡保障が続くからです。

低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険とは、保険料払込期間中の解約返戻金を通常の終身保険より低く抑える(通常の終身保険の7割程度)代わりに、保険料を割安にした保険のことです。

なお、保険料払込期間経過後は、通常の終身保険と同程度の解約返戻金となります。

利率変動型積立終身保険(アカウント型保険)

アカウント型保険については、保険を積立部分(アカウント部分)と保障部分とに分け、払い込む保険料のうち、積立に回す分と保障に回す分を一定の範囲内で自由に設定・変更をすることができます。

  • 保険料払込期間中に積立金を蓄積し、払込満了時に積立金をもとに終身保険や年金などに移行できます。
  • 積立金は途中で引き出すこともでき、取り崩して保険料に充てることができます。積立金は、保険料を調整する機能があります。
  • 保険料払込期間中に死亡した場合には、積立金相当額を受け取ることができます。
  • 主契約の適用利率は、契約後一定期間ごとに見直されますが、最低保証利率が設定されています

定期保険特約付終身保険

主契約の終身保険に定期保険を特約として上乗せしたものです。

「全期型」と「更新型」があります。

全期型は、定期保険特約部分が、主契約の保険料払込期間満了まで継続します。

更新型は、定期保険特約部分について10年・15年などの期間を定め、期間が満了すると更新していきます。更新することにより主契約の保険料払込期間満了まで継続します。

  • 全期型は、更新型と異なり、主契約の保険料払込期間満了まで更新がありません
  • 更新型については、更新時に保険料は再計算されて高くなります。なお、更新時に告知や診査は不要です。

養老保険

保険期間は一定で、保険期間中に死亡したときには死亡保険金を、満期時に生存していたときには、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができます。

  • 養老保険の死亡保険金の支払いに充てるために必要な保険料の計算に用いられる予定死亡率が高く設定された場合、一般に保険料は高くなります
  • 養老保険と定期保険の保険料について、他の条件が同一であれば、養老保険の方が払込み1回当たりの保険料の金額が高くまります

こども保険(学資保険)

教育資金を準備するための保険です。

  • こどもの入学や進学時に、祝金や満期保険金を受け取ることができます。
  • 契約者(親など)が死亡・高度障害となった場合、以後の保険料が免除され、一時金や育英年金を受け取ることができるタイプもあります。
  • 中途解約をした場合、支払保険料より解約返戻金の方が少なくなる場合があります。
  • 出生前加入特則を付加することにより、出生前でも加入することができます。

変額保険

特別勘定(株式や債券等により運用されるファンド)の資産の運用実績に基づき、保険金額や解約返戻金が変動する保険です。

有期型(満期があるものです。)と終身型(満期がないものです。)などがあります。

  • 死亡したときには「基本保険金と変動保険金」を受け取ることができます。
  • 基本保険金額は運用実績に関係なく最低保証されます。ただし、解約返戻金や満期保険金(有期型のみ)については、最低保証されません
  • 投資リスクは契約者が負うことになります。

個人年金保険

老後生活資金を確保するための保険です。

「有期年金保険」、「確定年金保険」、「終身年金保険」、「夫婦年金保険」があります。

年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合は、それまでの保険料払込相当額を死亡給付金として受け取ることができます。

  • 有期年金は、契約時に定めた年金受取期間(10年など)、被保険者が生存している限り年金を受け取ることができます。
    保証期間付(10年など)の有期年金は、保証期間中は生死に関係なく年金を受け取ることができ、その後は契約時に定めた年金受取期間中、被保険者が生存している限り年金を受け取ることができます。
  • 確定年金は、契約時に定めた年金受取期間(10年など)、被保険者の生死に関係なく年金を受け取ることができます。
    年金受取期間中に死亡した場合は、残りの期間分の年金または一時金が遺族に支払われます。

変額個人年金保険

特別勘定(株式や債券等により運用されるファンド)の資産の運用実績に基づき、保険金額や解約返戻金が変動する個人年金保険です。

↓下記5~8まで2級追加論点

  1. 年金受取開始前に被保険者が死亡した場合に受け取る死亡給付金は、基本的に、最低保証されます
  2. 年金や解約返戻金は、基本的に、最低保証されません
  3. 投資リスクは契約者が負うことになります。
  4. 保険料は、一般の生命保険料控除の対象となります。
  5. 特別勘定における運用収益に対して、運用期間中は課税されず、解約時や年金支払時まで課税が繰り延べられます
  6. 契約後早期に解約する場合には、解約時における積立金額から解約控除として一定の金額を控除した金額が解約返戻金額となります。
  7. 変額個人年金保険の保険料は、「契約時初期費用」、「保険契約関係費用」、「資産運用関係費用」、「年金管理費用」等の合計額です。
  8. 死亡給付金額を既払込保険料相当額とするタイプ(生存保障重視型)もあれば、死亡給付金額を、既払込保険料相当額に経過期間に応じた上乗せ分を加えた額とするタイプ(一般型)もあります。

かんぽ生命

かんぽ生命の保険の特徴は、以下のとおりです。

  • 基本的に告知義務はありますが、医師の診査は不要です。
  • 加入限度額は、簡易保険の契約とかんぽ生命の保険契約を通算して、被保険者1人当たり原則1,000万円です。
    ただし、被保険者が満15歳以下のときは、700万円です。
    また、満20歳以上満55歳以下の被保険者で、加入後4年以上経過した契約がある場合には、加入限度額は、通算で2,000万円です。
  • 契約日から1年6ヵ月を経過後に不慮の事故等で死亡した場合は、保険金が2倍支給されます。
  • 生命保険契約者保護機構の補償対象となります。あお、民営化前に加入していた簡易生命保険契約については、その契約が消滅するまで政府保証となります。

各種共済

JA共済

  • 全国共済農業協同組合連合会が、共済事業の主体です。
  • 農林水産省が、監督官庁です。
  • 契約対象者は、原則として組合員(出資金を支払う准組合員を含みます。)です。ただし、JAごとに組合員の利用高の2割まで組合員以外の方も加入することができます。
  • 男女別年齢別の掛け金を採用しています。

全労災

  1. 全国労働者共済生活協同組合連合会が、共済事業の主体です。
  2. 厚生労働省が、監督官庁です。
  3. 契約対象者は、組合員(出資金は1口100円で、最低1口以上の出資が必要です。)です。
  4. 掛金は、基本的に、年齢や性別に無関係で一律です。
  5. 医師の診査は不要です。
  6. 主要商品は、「こくみん共済」などがあります。

都道府県民共済

  1. 全国生活協同組合連合会が、共済事業の主体です。
  2. 厚生労働省が、監督官庁です。
  3. 掛金は、年齢や性別に無関係で一律です。
  4. 医師の診査は不要です。
  5. 主要商品は、「生命共済」などがあります。

CO-OP共済

  1. 日本コープ共済生活協同組合連合会が、共済事業の主体です。
  2. 厚生労働省が、監督官庁です。
  3. 掛金は、基本的に、年齢や性別に無関係で一律です。
  4. 主要商品は、「たすけあい」などがあります。

医療保険

病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金を受け取ることができます。

↓下記5~9までは、2級追加論点

  1. 定期型と終身型があります。
  2. 1泊2日型(継続して2日以上にわたり入院をしていた場合に、1日目から支払いを受けることができるもの)や日帰り型などがあります。
  3. 1入院、支払い限度日数まで入院給付金を受け取ることができます。なお、病気や不慮の事故で所定の手術を受けた場合、入院の有無に関係なく、手術給付金を受け取ることができる。
  4. 退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から180日以内に前回と同一の疾病により再入院した場合、入院給付金支払日数は前回の入院日数と合算され、1入院当たりの給付日数制限の適用を受けることがあります。
  5. 正常分娩による入院については、入院給付金の支払い対象となりません
  6. 人間ドックなどの検査入院については、給付金の支払い対象となりません。ただし、人間ドックで異常が認められて医師の指示で精密検査のために入院した場合、入院給付金が支払われることになります。
  7. 医療法に定める病院等に入院した場合、入院給付金が支払われることになります。なお、介護保険法に定める介護老人保健施設に入所したとしても、入院給付金は支払われません

特定疾病(三大疾病)保障保険

三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態と診断されたときは、生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金を受け取ることができます。この保険金を受け取った時点で契約は消滅することになります

特定疾病以外にも、被保険者が死亡または高度障害状態になったときは、死亡保険金または高度障害保険金を受け取ることができます。

介護保険

公的介護保険制度の要介護2~5と認定された場合、または、生命保険会社所定の要介護状態になった場合に、介護一時金または介護年金を受け取ることができます。なお、定期型と終身型があります。

ガン保険

ガンで入院・手術したときに入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。また、死亡したときには、死亡保険金を受け取ることができるものもあります。

  • 基本的に、契約日から90日または3ヵ月などの待ち期間があり、この期間中にガンと診断されても保障の対象となりません。
  • 入院給付金に上限日数はありません

団体保険

団体保険では、保険契約者および保険金受取人が企業などの団体となり、従業員・役員などが被保険者となります。

総合福祉団体定期保険

  • 死亡保障の財源準備として、多くの企業で活用されています。なお、定年退職した場合には保険金の支払いはありません。
  • 企業などの団体が保険契約者となり、役員・従業員などが全員加入する必要があります。なお、加入に際し、役員・従業員の同意が必要となります。
  • 1年の定期保険です。
  • 役員・従業員が死亡した場合、被保険者の遺族または法人が死亡保険金を受け取ることができます。
  • 告知は必要であるが、診査は不要となります。

団体定期保険(Bグループ)

  • 1年の定期保険です。
  • 告知は必要であるが、診査は不要です。
  • 従業員が保険料を負担することになります。
  • 従業員の配偶者等も加入することが可能です。
  • 個人で契約する定期保険よりも保険料が安くなります。

養老保険(ハーフタックスプラン)

  • 法人が保険契約者となり、役員・従業員などが全員加入する必要があります。
  • 満期保険金の受取人が法人で、死亡保険金の受取人が被保険者の遺族です。
  • 保険料の1/2を資産計上し、1/2を損金算入できます。

少額短期保険事業者

保険業のうち、一定の事業規模の範囲内において、保険金額が少額、保険期間1年以下の保険で保障性商品の引受のみを行う事業を行う保険業者を少額短期保険業者といいます。

なお、保険金額の合計額は、1,000万円が上限となります。

収入保障保険

被保険者が死亡または高度障害になった場合、遺族に対して保険適用期間終了まで毎月もしくは一時金で保険金が支給されます。掛け捨て型のタイプが多く、保険料は定期保険より安いです。通常、一時金で受け取るより、毎月年金として受け取る方が、受取総額が多くなります。

収入保障保険の保険金の受け取り方には、確定年金タイプと歳満了年金タイプがあります。

確定年金タイプは、被保険者の死亡時期にかかわらず、受取期間が、あらかじめ決まっています。

歳満了年金タイプは、受取期間が、被保険者の死亡時から保険期間満了時までの期間です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加