遺産分割テキスト

遺産分割について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

このページに掲載している2級追加論点とは、2級を目指す方だけが学習してください。ですので、3級を目指す方は、学習する必要はありません。

~注意~

無料版のテキストは、一部の論点及び解説を省略しています。

ですので、教材購入者の皆さんは、必ず、教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版をご利用ください。

遺産分割

遺産分割とは

ある人(被相続人)の死亡に伴い、相続は開始されることになります。

相続人が複数人いる場合、相続財産は、共同相続人の共同所有という形になります。

このままでは、各共同相続人は、その相続財産を自由に処分したりすることができません。

そこで、相続財産を1人1人の相続人に分割する手続をすることができます。

その分割を遺産分割といいます。

例えば、被相続人が有していた農地は、子供Aが相続し、株式については、子供Bが相続し、建物については、配偶者が相続するというように、分割していくことです。

【補足:ここも覚える】

  1. 相続財産は、遺産分割が行われるまでの間、暫定的に共同相続人が共有することになります。
  2. 被相続人が有している遺産の全てが、遺産分割の対象とはなりません。金銭債務(借金等)については、当然に、相続分により、各相続人に分割されることになります。
  3. 遺産分割協議書は、共同相続人全員の署名と捺印が必要です。
  4. 遺産分割協議書の形式は、法律上、特に定められていません。
  5. 遺産分割協議書は、あらかじめ1人の相続人が遺産分割協議書の草案を用意して、他の共同相続人全員が順次これに署名・捺印する持回り方式により作成することが認められています。
  6. 遺産分割協議が、一度、成立した場合においても、相続人全員の合意があれば、遺産分割協議をやり直すことができます。

遺産分割の方法

指定分割

被相続人が、遺言により分割方法を定めているときには、その指定に従って分割していきます。また、被相続人は、遺言により、分割方法を定めることを第三者に委託することができます。

例えば、被相続人の遺言に、「家はAに、土地はBに与える」としているのなら、その遺言に従うことになります。

協議分割

被相続人の遺言による指定がない場合、共同相続人間による協議により分割していきます。

被相続人の遺言による指定がない場合、相続人全員で話し合って、相続人全員の合意により、遺産を分割していきます。

調停・審判による分割

相続人同士で、話合いをすることにより、遺産を分割することができたのなら、何の問題も生じませんが、話合いをしたけど、うまくいかなかった場合や、相続人の全員で話合いをする必要があるのに、相続人の1人が、話合いの場に参加しなかった場合等には、家庭裁判所の調停員が、相続人全員の話合いに参加することにより、分割することができます。これを調停による分割といいます。

なお、話合いがまとまらなかった場合等には、調停による分割に加えて、審判による分割というものもあります。

審判による分割とは、共同相続人が、1人で、または、共同で家庭裁判所に遺産分割の請求をして、家庭裁判所の審判により、遺産が分割されることになります。なお、審判があった場合、各共同相続人は、その審判に従う必要があります。ただし、その審判に不服がある場合には、一定期間内に即時抗告をすることも可能です。

遺産分割の方法

遺産分割の方法には、「現物分割」、「換価分割」、「代償分割」があります。

1.現物分割

遺産その物を現物で分ける方法です。

2.換価分割

遺産分割において、共同相続人のうち1人または数人が、相続により取得した財産の全部または一部を売却処分し、その代金を分割する方法を換価分割といいます。
 

3.代償分割

 

遺産分割の禁止

被相続人の遺言、共同相続人の協議等により、5年を超えない範囲内で、遺産分割を禁止することができます。なお、共同相続人の協議による場合、共同相続人間の合意があれば、更新することもできます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加