所得税の基礎等テキスト

FP2級・3級試験教材

所得税の基礎等について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

税金の種類

どこに納めるかによる分類

税金は、国に税金を納める「国税」と、地方公共団体に税金を納める「地方税」に分けることができます。

地方税は、都道府県に税金を納める「道府県税」と、区市町村に税金を納める「市町村税」に分けることができます。

【補足:ここも覚える】

  • 所得税、法人税、消費税、相続税、贈与税、登録免許税、印紙税などが国税です。
  • 道府県民税(市町村民税と合わせて住民税です。)、事業税、地方消費税、道府県たばこ税などが道府県税です。
  • 市町村民税(道府県民税と合わせて住民税です。)、固定資産税、市町村たばこ税などが市町村税です。

誰が納めるかによる分類

税金は、税金を納付する人(納税者)と税金を負担する人(担税者)が、同じか、異なるか、により直接税と間接税に分けられます。

税金を納付する人(納税者)と税金を負担する人(担税者)が同じ税金が、直接税です。

税金を納付する人(納税者)と税金を負担する人(担税者)が異なる税金が、間接税です。

例えば、皆さん(担税者)は、スーパーで買い物をするとき、消費税を支払っています。この消費税は、スーパー(納税者)のものになるのではなく、スーパー(納税者)が、皆さんに代わり消費税を納めます。このように、担税者と納税義務者が異なる税金が、間接税です。

【補足:ここも覚える】

  • 所得税、法人税、相続税、贈与税、住民税、事業税、固定資産税などが直接税です。
  • 消費税、酒税、たばこ税、たばこ特別税などが間接税です。

この続きは、

教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版でご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材