障害年金テキスト

障害年金について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

年金イメージ

障害給付として、国民年金の障害基礎年金と厚生年金の障害厚生年金があります。

~注意~

無料版のテキストは、一部の論点及び解説を省略しています。

ですので、教材購入者の皆さんは、必ず、教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版をご利用ください。

障害基礎年金

受給要件

障害基礎年金は、次の3要件を満たすことにより、受給することができます。

1.初診日要件

障害の原因となった傷病(病気やけが)について初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日(初診日といいます。)において次のいずれかに該当しなければなりません。

  • 国民年金の被保険者であること。
  • 20歳前または被保険者であった者で、日本国内に住所を有し、かつ、60歳以上65歳未満であること。

2.障害状態要件

障害認定日または20歳に達したときに障害等級の1級または2級に該当する程度の障害の状態にあること。

障害認定日とは、初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日、またはその期間内に傷病が治ったとき(症状が固定した場合も含みます。)には、その治った日のことです。

年金額

【障害等級1級】

障害等級1級に該当する場合の障害基礎年金額は、次の算式により求めた額となります。

780,100円×1.25+子の加算額※

【障害等級2級】

障害等級2級に該当する場合の障害基礎年金額は、次の算式により求めた額となります。

780,100円+子の加算額※

※受給権者によって生計を維持しているその者の子(18歳到達年度の末日を経過していない子など。)がいるときには、次の金額が加算されることになります。

  • 2人目まで1人当たり、224,500円となります。
  • 3人目以降1人当たり、74,800円となります。

【補足:ここも覚える】

20歳前に傷病を負った人の障害基礎年金については、本人が保険料を納付していないことを理由に所得制限が設けられています。所得金額によっては、年金額の2分の1が支給停止されることがあり、所得金額によっては、年金額の全額が支給停止されることもあります。

障害厚生年金

受給要件

障害厚生年金は、次の3要件を満たすことにより、受給することができます。

1.初診日要件

初診日において厚生年金保険の被保険者であること。

2.障害状態要件

障害認定日に障害等級の1級・2級・3級に該当する程度の障害の状態にあること。

3.保険料納付要件

初診日の前日において、次のいずれかに該当しなければなりません。

  • 初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が、当該被保険者期間の3分の2以上であること。
  • 初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の未納期間がないこと。なお、初診日において65歳未満である者に限ります。

年金額

【障害等級1級】

障害等級1級に該当する場合の障害厚生年金額は、次の算式により求めた額となります。

報酬比例の年金額×1.25+配偶者の加給年金額※

【障害等級2級】

障害等級2級に該当する場合の障害厚生年金額は、次の算式により求めた額となります。

報酬比例の年金額+配偶者の加給年金額※

 

【補足:ここも覚える】

障害厚生年金の額の計算の基礎となる被保険者期間が、300月(25年)未満の場合には、300月とみなして計算することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加