国民年金基金・小規模企業共済テキスト

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

国民年金基金・小規模企業共済について見ていきます。

種類

自営業者などを対象とした年金制度には、国民年金基金や小規模企業共済があります。

国民年金基金

厚生年金に加入している人と自営業者などの国民年金の第1号被保険者とを比較すると、国民年金の第1号被保険者の方が、年金額が少なくなります。

この年金額の差を解消するために国民年金基金制度が創設されました。

国民年金基金は、「地域型基金」と「職能型基金」の2種類があります。

なお、「地域型基金」と「職能型基金」のいずれか一つの基金にしか加入することができません。

1.加入対象者

以下の人が、国民年金基金に加入することができます。

  • 日本国内に居住している20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者
  • 日本国内に居住している60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者

保険料免除者(一部免除、学生納付特例、納付猶予を受けた者も含みます。)や保険料未納者は、加入することができません。

※国民年金基金に加入している人は、国民年金の付加保険料を納付することができません。

※国民年金基金に加入した後は、途中で任意に脱退することができません。

※国民年金の保険料が未納で2年を経過した場合、その未納となった期間について国民年金基金の掛金が納付されていたとしても、その期間については国民年金基金の年金給付の対象とされません。

2.掛金の拠出

個人型確定拠出年金の掛金と合算して68,000円(月額)となります。

3.税金

  • 掛金については、全額社会保険料控除の対象となります。
  • 年金については、雑所得に該当することになり、公的年金等控除の対象となります。

4.その他

  • 国民年金基金の老齢年金については、給付の型として、終身年金(生涯に渡るものです。)A型・B型と確定年金(受給期間が定まっているものです。)Ⅰ型~Ⅴ型の7種類があります。終身年金部分については、65歳から支給開始され、確定年金部分については、型によって、支給開始年齢が異なります(60歳または65歳)。

  • 国民年金基金の掛金月額は、選択した給付の型、加入口数、加入時の年齢、性別によって決定されることになります。
  • 国民年金基金の老齢年金の基本年金額については、加入時の年齢ごとに年金額が設定され、何口加入するかによって受け取る年金額が決まります。なお、積立金の運用状況によって変動するものではありません。
  • 加入については、口数制で、1口目は終身年金とし、2口目からは終身年金・確定年金から選択することができます。

この続きは、

教材購入者専用ページにありますテキスト完成版でご確認ください。

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加