貯蓄型金融商品テキスト

貯蓄型金融商品について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

~注意~

無料版のテキストは、一部の論点及び解説を省略しています。

ですので、教材購入者の皆さんは、必ず、教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版をご利用ください。

民間銀行の金融商品

【普通預金】

  • 預入金額は、一般的に、1円以上1円単位です。
  • いつでも出し入れができます。
  • 金利は、変動金利で、満期がありません。
  • 利払いは、年2回です。
  • 預金保険の対象となります。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 預入期間の定めのない流動性預金であり、給与や年金などの自動受取口座として利用することができます。

【総合口座】

  • 普通預金、定期預金、公共債、自動借り入れをセットした口座です。普通預金にお金が不足していれば、自動的に貸付をしてくれます。
  • 定期預金の自動借入限度額は、預金合計額の90%です。借入利率は、「担保定期預金の約定利率+0.5%」です。

【貯蓄預金】

  • 預入金額は、一般的に、1円以上1円単位です。
  • 金利は、変動金利で、満期がありません。
  • 残高が銀行が定めた額(基準残高)以上であれば、普通預金よりも高い金利となります。
  • 利払いは、年2回です。
  • 預金保険の対象です。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 決済機能がなく、公共料金の自動支払いなどには、利用することができません。

【スーパー定期】

  • 預入金額は、一般的に、1円以上1円単位です。
  • 金利は、固定金利です。1ヵ月以上3年未満のものは、単利型のみ、3年以上のものは、単利型と半年複利型の選択となります。なお、複利型は、個人のみ利用可能です。
  • 預入期間は、一般的に、1ヵ月以上10年以内です。
  • 利払いについて、2年以上の単利型のものは中間利払い3年以上の半年複利型のものは満期時一括払いとなります。
  • 預金保険の対象となっています。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 中途換金はいつでも可能ですが、中途換金利率が適用されます。

【大口定期預金】

  • 預入金額は、1,000万円以上1円単位です。
  • 金利は、固定金利、単利型です。
  • 預入期間は、1ヵ月以上10年以内です。
  • 利払いについては、2年未満のものは満期時一括払いで、2年以上のものは中間利払いです。
  • 預金保険の対象となります(ただし、1,000万円まで)。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となりません
  • 中途換金はいつでも可能ですが、中途換金利率が適用されます。

【期日指定定期預金】

  • 預入金額は、1円以上1円単位です。
  • 金利は、固定金利、1年複利です。
  • 預入期間は、1年以上3年以内です。
  • 利払いは、満期時一括払いです。
  • 預金保険の対象です。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 1年間据え置けば、1ヵ月前までに期日を指定することにより、ペナルティーなしで解約可能です。
  • 据置期間経過後は最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができます。

 【変動金利定期預金】

  • 預入金額は、1円以上1円単位です。
  • 金利は、変動金利です。6ヵ月毎に金利を見直します。3年未満のものは、単利型のみ、3年以上のものは、単利型と半年複利型の選択となります。なお、複利型は、個人のみ利用可能です。
  • 預入期間は、一般的に、1年以上3年以内です。
  • 利払いについては、単利型は6ヵ月毎に中間利払い、半年複利型は満期時一括払いです。
  • 預金保険の対象です。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 中途換金はいつでも可能ですが、中途換金利率が適用されます。

ゆうちょ銀行

【通常貯金】

  • 預入金額は1円以上1円単位です。
  • 預入期間の制限はありません。いつでも出し入れが可能です。
  • 金利は、変動金利です。
  • 利払いは、年2回です。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となりません
  • 中途換金はいつでも可能です。

【通常貯蓄貯金】

  • 預入金額は1円以上1円単位です。
  • 預入期間の制限はありません。いつでも出し入れが可能です。
  • 金利は、変動金利です。
  • 10万円以上の残高があれば、通常貯金よりも高い金利となります。
  • 利払いは、年2回です。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となりません
  • 中途換金はいつでも可能です。
  • 決済機能がなく、公共料金の自動支払いなどには、利用することができません。

【定期貯金】

  • 預入金額は、1,000円以上1,000円単位です。
  • 預入期間は、1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年、4年、5年のいずれかの期間を指定できます。
  • 金利は、固定金利、預入期間が3年未満のものは単利型、3年、4年、5年のものは半年複利型です。
  • 利払いは、預入期間2年のものは1年後に中間利払い、それ以外のものは満期時一括払いです。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 中途換金はいつでも可能ですが、中途換金利率が適用されます。

【定額貯金】

  • 預入金額は、1,000円以上1,000円単位です。
  • 預入の日から起算して6ヵ月以降は払戻しが自由です。預入期間の最長は、10年です。
  • 金利は、固定金利、半年複利です。預入後3年までは、6ヵ月ごとの段階金利を適用します。
  • 利払いは、満期時一括払いです。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 6ヵ月間据え置けば、ペナルティーなしで解約可能です。

【ニュー福祉定期貯金】

  • 預入金額は、1,000円以上1,000円単位です。
  • 金利は、固定金利、単利型です。
  • 預入期間は、1年です。
  • 障害基礎年金、遺族基礎年金などの受給者が利用できます。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります

【総合口座】

総合口座は、通常貯金、定額貯金、定期貯金などを管理できる口座のことです。通常貯金の残高が不足したときには、その不足分が自動的に貸し付けられます。

  • 自動借入限度額は、預入金額の90%以内(最高300万円)です。
  • 借入利率は、「担保定額貯金を担保とする場合には、返済時の約定金利+0.25%」、担保定期貯金を担保とする場合には、「預入時の約定金利+0.5%」です。

信託・債券発行銀行

【金銭信託】

  • 預入金額は、5,000円以上1円単位です。
  • 据置方式は、契約時から1年以上経過すれば、満期日を自由に設定できます。積立方式は、2年据置必要です。
  • 金利は、変動金利です。
  • 源泉分離課税で、マル優の対象となります
  • 解約手数料を支払えば、中途解約が可能です。

【利付金融債】

  • 預入金額は、1万円以上1万円単位です。(売出債)
  • 預入期間は、5年です。
  • 金利は、固定金利です。
  • 1年未満は、原則、解約できません。1年後は、解約手数料を支払えば、解約可能です。
  • 源泉分離課税です。

【割引金融債】

  • 預入金額は、額面1万円単位です。
  • 預入期間は、1年です。
  • 解約手数料を支払えば、解約可能です。
  • 源泉分離課税です。

【ヒット】

  • 預入期間は、1ヵ月以上です。
  • 金利は、変動金利です。
  • 源泉分離課税です。
  • 1ヵ月間据え置けば、ペナルティーなしで解約可能です。
  • 元本を保証する元本補てん契約はありません。

【スーパーヒット】

  • 預入期間は、1年以上です。
  • 金利は、変動金利です。
  • 源泉分離課税です。
  • 1年間据え置けば、ペナルティーなしで解約可能です。
  • 元本を保証する元本補てん契約はありません。

単利と複利

利息の付き方には、単利と複利があります。

単利

単利とは、当初の元本に対してのみ、利息が計算されるものです。

満期時の元利合計(税引前)は、次の算式で求めることができます。

元本×(1+年利率×預入期間)=満期時の元利合計(税引前)

なお、税引後の満期時の元利合計については、0.79685を乗じて求めることができます。(復興特別所得税を含む。)

【具体例】

例えば、元本200万円、利率2%の単利運用、5年満期の場合、満期時の元利合計(税引前)は、いくらになりますか?

【解 答】

200万円×(1+0.02×5年)=220万円が満期時の元利合計(税引前)となります。

分解して見ていきます。

1年目利息:200万円×0.02=4万円

2年目利息:200万円×0.02=4万円

3年目利息:200万円×0.02=4万円

4年目利息:200万円×0.02=4万円

5年目利息:200万円×0.02=4万円

利息合計が、20万円です。その利息を元本200万円に加算すると220万円となります。

複利

複利とは、一定期間毎に利息を元本に足し、利息を足した元本に対して利息が計算されるものです。

満期時の元利合計(税引前)は、次の算式で求めることができます。

元本×(1+利率)=満期時の元利合計(税引前)

1年複利の場合→「利率」は、年利率で、「n」は、年数です。

半年複利の場合→「利率」は、年利率÷2で、「n」は、年数×2です。

1ヵ月複利の場合→「利率」は、年利率÷12で、「n」は、年数×12です。

なお、税引後の満期時の元利合計については、0.79685を乗じて求めることができます。(復興特別所得税を含む。)

【具体例】

例えば、元本200万円、1年複利、利率2%、3年満期の場合、満期時の元利合計(税引前)は、いくらになりますか?

【解 答】

200万円×(1+0.02)=2,122,416円が満期時の元利合計(税引前)となります。

分解して見ていきます。

1年目利息:200万円×0.02=4万円

2年目利息:(200万円+4万円)×0.02=4万800円

3年目利息:(200万円+4万円+4万800円)×0.02=41,616円

利息合計が、122,416円です。その利息を元本200万円に加算すると2,122,416円となります。

固定金利と変動金利

金利には、固定金利と変動金利があります。

固定金利とは、当初の金利が満期までずっと続くものです。

変動金利とは、金利情勢により適用利率が変動するものです。

金利が上昇すると予想されるときは、変動金利型の商品の方が有利になります。なぜなら、固定金利型の商品だと、当初の低い金利のまま運用されるからです。

金利がピークになれば、今後、金利が下がることが予想されるので、固定金利型の商品の方が有利になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加