相続人・相続分テキスト

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

相続人・相続分について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

相続人

被相続人の配偶者

被相続人の配偶者は、相続欠格、相続廃除の場合を除き、常に、相続人となります。

配偶者とは、法律上の婚姻関係にある者のことをいい、内縁関係の者は、配偶者に該当しません。

被相続人の子供

被相続人の子供は、第一順位の相続人となります。

【補足:ここも覚える】

  1. 被相続人の子供とは、法律上の婚姻関係にある者との関係で生まれた子供(嫡出子といいます。)、法律上の婚姻関係にない者との関係で生まれた子供(非嫡出子といい、父親が被相続人の場合には、父親によって認知されている必要があります。母親が被相続人の場合には、認知の有無は関係ありません。)、養子、胎児のことです。
  2. 例えば、被相続人には、配偶者、子供、親、兄弟、祖父母がいる場合、配偶者は、常に、相続人となり、第一順位の子供が、配偶者と共に相続人となります。
  3. 例えば、被相続人には、配偶者と子供が2人いる場合、配偶者は、常に、相続人となります。そして、第一順位の子供の2人が、配偶者と共に相続人となります。したがって、相続人の数は、3人となります。
  4. 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなされます
  5. 未成年者を養子とする場合、原則として、家庭裁判所の許可が必要となります。ただし、自分又は配偶者の直系卑属(子供や孫など)を養子とする場合には、家庭裁判所の許可が不要となります
  6. 特別養子縁組の場合、養子縁組の成立と同時に、実方の父母との法律上の親族関係は終了することになります。普通養子縁組の場合、実方の父母との法律上の親族関係は終了しません

被相続人の直系尊属

被相続人の直系尊属は、第二順位の相続人となります。

第一順位である子供の全員が、「死亡している場合」「相続欠格や相続廃除により相続権を失った場合」「相続放棄をした場合」、被相続人の直系尊属が相続人となります。

【補足:ここも覚える】

  1. 被相続人の直系尊属とは、父母、祖父母等のことです。そして、父母と祖父母とでは、親等の近い者が優先して相続人となります。よって、親等の近い父母が相続人となります。そして、祖父母は、父母がいない場合に、相続人となります。
  2. 例えば、被相続人には、配偶者、母親、祖父母、兄弟がいる場合、配偶者は、常に、相続人となります。そして、第一順位の子供がいないので、第二順位の母親が配偶者と共に相続人となります。
  3. 例えば、被相続人には、配偶者、祖父母、兄弟がいる場合、配偶者は、常に、相続人となります。そして、第一順位の子供がいないので、第二順位の祖父母が配偶者と共に相続人となります。

被相続人の兄弟姉妹

被相続人の兄弟姉妹は、第三順位の相続人となります。

第一順位、第二順位の者全てが、「死亡している場合」「相続欠格や相続廃除により相続権を失った場合」「相続放棄をした場合」、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。

【補足:ここも覚える】

  1. 両親が同じ全血兄弟姉妹だけでなく、片親だけが同じ半血兄弟姉妹も第三順位の相続人となります。
  2. 例えば、被相続人には、配偶者、兄、弟がいる場合、配偶者は、常に、相続人となります。そして、第一順位の子供、第二順位の直系尊属がいないので、兄と弟が配偶者と共に相続人となります。

この続きは、

教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版でご確認ください。

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加