厚生年金等テキスト

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

厚生年金等について見ていきます。

この分野は、本試験で出題される可能性が高いので、じっくりとこのテキストをマスターしてください。

公的年金には、国民年金・厚生年金の2種類あり、日本国内に住所のあるすべての人が加入しなければなりません。

厚生年金制度は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とします。

国民年金・厚生年金

強制適用事業所

法人の事業所(事業主だけの場合を含みます)は、厚生年金保険の強制適用事業所となります。また、厚生年金保険法に定める業種(サービス業などを除きます。)であって、常時5人以上の従業員を使用している個人の事業所についても、厚生年金保険の強制適用事業所となります。

※厚生年金保険の強制適用事業所は、従業員等の意思に関係なく、厚生年金保険の加入が義務付けられています。

被保険者

厚生年金保険に加入する年齢は、会社に入社した日となります。例えば、18歳で会社勤めすると、18歳で厚生年金保険に加入することになります。

そして、会社を退職すると、原則として、厚生年金保険から脱退することになります。

また、会社を退職しなくても、原則、70歳になれば、自動的に厚生年金保険から脱退することになります。

ただし、70歳になっても老齢年金の受給資格期間を満たせない在職中の人は、その期間を満たすことになるまで、任意加入することができます。この場合、原則、保険料は全額本人が負担しなければなりません。

【補足:ここも覚える】

適用事業所以外の事業所に使用される70歳未満の人は、厚生労働大臣の認可を受けることにより、厚生年金保険の被保険者となることができます。なお、その認可を受けるためには、その事業所の事業主の同意を得る必要があります。この場合における保険料は、労使折半となります。

被保険者期間

被保険者期間を計算するときには、月によるものとし、被保険者の資格を取得した月からその資格を喪失した月の前月までをこれに算入することになります。

被保険者の資格を取得した月にその資格を喪失したときは、原則として、その月を1ヵ月として被保険者期間に算入することになります。

被保険者の資格を喪失した後、更にその資格を取得した者については、前後の被保険者期間を合算していきます。

保険料

厚生年金保険の保険料は、標準報酬月額(毎月の給与)と標準賞与額(賞与)に保険料率をかけて計算されることとなり、保険料は、事業主と被保険者とが半分ずつ負担することになります(労使折半といいます。)。

毎月の保険料=標準報酬月額(上限が設けられており、62万円となっています。)×保険料率(※)

賞与の保険料=標準賞与額(上限が設けられており、支給1回につき150万円となっています。)×保険料率

満3歳未満の子を養育するための育児休業期間中・産前産後休業期間中は、その被保険者に係る健康保険と厚生年金保険の保険料は、事業主の申出により、被保険者分および事業主分とも免除されます

※2017年9月分以降の保険料率は、18.3%で固定されることになります。

この続きは、

教材購入者専用ページにありますテキスト完成版でご確認ください。

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加